法人営業の経験がある社内SEのひとりごと。ちなみに10回以上転職してます。

40歳で12回目の転職活動という人生の節目で、 幸運とも風変わりとも言えるキャリアを振り返るきっかけとして、 本コンテンツを作ろうと思いました。      読者登録やブックマーク・コメントなど、お気軽にどうぞ。

通勤時間&距離と24時間営業のサウナについて

日曜日の夕方になりました。
明日からの出勤に向けて、今回は通勤時間と通勤経路をテーマにします。


私にとって通勤時間は常に悩みのテーマであり、
悩みの中から楽しみを見つけることも、大きなテーマです。
本ブログの投稿時間を7時前後に固定してるのは上記の理由で、
朝の通勤途中に読んでもらえると嬉しいなと思っています。

 

私が求人に応募する時の最優先基準は、通勤時間(勤務地までの移動距離)です。
応募した求人の志望動機欄の1行目に
「勤務地が住まいから近く、通勤時間が短いから。」と明記するほどです。
通勤時間が短いほうが良い理由ですが、
通勤時間が疲れるという理由だけでなく、下記があります。


私が就いてきた仕事の多くは、ITシステムのトラブル対応があります。
ヘルプデスクや社内SEの仕事をしていた時は
帰宅途中に会社から電話がかかってきて会社に引き返したり、
休日に電話がかかってきたこともあります。


片道90分かかる客先常駐ヘルプデスクをしていた時にトラブルが発生した時は、
常駐先から電話がかかってきて、もちろん嘘はつけないので
「承知しました。90分後に戻ります。」と答えて、激怒されたこともありました、
これが、通勤時間はできるだけ短い方が良い実務的な理由です。

 

では、通勤時間が長いからこそ楽しめることは?
通勤時間が長いと、途中で立ち寄れる場所があるんです。
特に本屋さんと24時間営業のサウナを見つけた時の嬉しさは格別で、
金曜日の夜は乗換駅近くの本屋さんで本を買って、
24時間営業のサウナに入って本を読みながら呑んだくれるのが大好きです。

 

残念ながら、私が住んでいる京都市内は24時間営業のサウナが少ないため
行く店も限られるのですが、東京で働いている時は通勤途中の駅にある
サウナを巡るだけでも週末の楽しみになりました。


一週間分の疲れを大きな浴槽で足を伸ばして癒す。
軽食コーナーで生ビール飲んでおつまみ食べて、
(炭酸飲むとお腹膨れるから)日本酒飲んで・・・


久しぶりに行きたくなってきました。