法人営業の経験がある社内SEのひとりごと。ちなみに10回以上転職してます。

40歳で12回目の転職活動という人生の節目で、 幸運とも風変わりとも言えるキャリアを振り返るきっかけとして、 本コンテンツを作ろうと思いました。      読者登録やブックマーク・コメントなど、お気軽にどうぞ。

納期と予算について

私が新卒で働いた会社は、京都市内の出版社でした。
3ヶ月間の新人研修で書店への営業活動に携わったことが、とても良い経験でした。

[http://:title]


現実問題としてベテラン社員でも未達に終わることもあり、
指導員から自身をつけるための励ましとして、
最終日まで「数字」にこだわって、何が何でも営業計画を必達することを
指示していただきました。


実際、何とか最終日に達成できました。
とにかく嬉しくて、以降の仕事について
納期と予算を強く意識することができるようになりました。


IT部門での仕事や法人営業・広告営業の仕事でも
担当者責任として納期と予算は課せられるのですが、
最初から暗に無理だとわかっている「計画のための計画」のような納期以外では、
相応に目標を達成したと自惚れています。

[http://:title]


上記を踏まえた私のキャリアで良い経験ができたと思っているのは、
IT部門という予算を使う仕事と、営業部門という予算を稼ぐ仕事という
両方を経験できたことです。

 

採用面接の場では
「お金を使う立場と稼ぐ立場の両方を経験したことで、
お金を使う事の大切さと稼ぐことの大変さを体験できた。
お金を使う仕事をする時でも、コストを強く意識している。」
と強調しています。

[http://:title]


納期と予算を強く意識できる仕事に就くことの大変を痛感しながらも、
それらがあるからこそ、仕事の質と量にもこだわれると思っています。