法人営業の経験がある社内SEのひとりごと。ちなみに10回以上転職してます。

40歳で12回目の転職活動という人生の節目で、 幸運とも風変わりとも言えるキャリアを振り返るきっかけとして、 本コンテンツを作ろうと思いました。      読者登録やブックマーク・コメントなど、お気軽にどうぞ。

仕事に関わる3種類の技術について

私が作成・管理しているTwitterのアカウントとyoutubeチャンネルで
本ブログを紹介し始めました。
すでにTwitterやyoutubeをご覧になっている方、
こちらでもよろしくお願いいたします。


今回のブログのタイトルは、職務経歴書を作る過程で気付いた内容です。


IT業界に限らず仕事をする上では3つの技術が求められると思います。
1.仕事をする上での実務的な技術
(Windowsのスクリプト画面のコマンドを全部知ってます!など)
2.業務実績としての技術
(成果物を納品する、プロジェクトを完遂するなど)
3.教養の広さや深さとしての技術
(いわゆるヒューマンスキル。語彙力・挨拶・名刺交換など)
は自分なりに整理して体系化してきました。


それぞれの具体的な内容は、後日改めて書きますね。


僕は仕事に取り組む上での実務的な技術はあまり高くないと反省しているのですが、
業務実績としての技術は年齢相応だと自惚れています。
また、教養の広さや深さとしての技術は恥をかかぬように常に勉強しているつもりです。


どれが最優先というわけではないけれど、何と言ってもエンジニアですから
基礎知識としての仕事をする上での実務的な技術は、
もっともっと高めなきゃいけないと自覚しています。


おそらく、それぞれが補完しあうのが本来の姿なのでしょうね。