法人営業の経験がある社内SEのひとりごと。ちなみに10回以上転職してます。

40歳で12回目の転職活動という人生の節目で、 幸運とも風変わりとも言えるキャリアを振り返るきっかけとして、 本コンテンツを作ろうと思いました。      読者登録やブックマーク・コメントなど、お気軽にどうぞ。

お金と自由について

「貨幣は鋳造された自由である」は、
ロシアの小説家・ドストエフスキーの言葉です。
私は自営業の経験や大きな借金をしたことがないので
お金で苦労したエピソードは大したことないかもしれませんが、
「あの時、手元に当座の貯金が無かったらいったいどうなっていただろう」
と思い返すことがあります。


以前、働いていた会社がリーマンショックの影響で倒産しました。
正確には債務超過に陥って全く何もできなくなりました。
勤め先の責任者が出勤するのは週1回だけ。
他の日は出社せず就活していました。


社内では「従業員を全員解雇すれば黒字になる!」と言ってました。
もちろん本物の債務超過は人件費だけでなく、あらゆる資産を売却しても
赤字が解消できない状況ですから、ブラックジョークにもならないことです。


結局、会社と住まいを夜逃げ同然にして地元に戻ったのですが、
万が一と思って必死に貯めた現金があったから、
帰京後の1か月をしのぐことができました、


翌月末に最後の給料が全額無事に振り込まれた時は
「お金があれば、こんなにも自由が保証されるものなのか!」と、
涙が出ました。


上記の経験以来、働いている時は下記の貯金を続けています
・毎月5万円の貯金
・小銭貯金
・1万円で支払ったあとの千円貯金


僕は大した苦労をしていないのかもしれません。
そもそもお金の苦労話しは、比較するものではないのかもしれません。

ただ、あの時ほどお金が持っている自由さや可能性の広さを思い知った
出来事が他になかなかないので、あえて書きました。