法人営業の経験がある社内SEのひとりごと。ちなみに10回以上転職してます。

40歳で12回目の転職活動という人生の節目で、 幸運とも風変わりとも言えるキャリアを振り返るきっかけとして、 本コンテンツを作ろうと思いました。      読者登録やブックマーク・コメントなど、お気軽にどうぞ。

セミフリーランスと自分に合った社風について

創業100年の会社を3ヶ月で辞め、次の会社探しをしました。今の自分は何ができるのかという根本的な疑問を抱きながら、できるだけ幅広く様々な求人に応募しようと思いました。 そんな時に採用面接の場を設けてくれたのが、今の勤め先です。半年間の試用期間中…

老舗企業と契約通りの仕事について

社長からの即日解雇通達を受け、次の仕事を探しました。この頃から、採用面接だけで2桁受けています。そんな折、某老舗企業からスカウトの連絡を頂きました。 会社を調べると、以前勤めていた工場と大変似ている会社。しかも取扱製品も興味深くて、ぜひとも…

即日解雇と仕事の理不尽さについて

7次請負の案件をつかんだ零細の請負会社を辞めて次に入社したのが、いわゆるデータエントリーの会社でした。 求人票に記載されていた仕事の内容は、お客様からお預かりしたデータを積極的に分析し、単なる結果報告を越えた利活用ができる人材を募集します。…

7次請負と身の危険について

ホールディングスでのプロジェクトを終えて、次の仕事を探したのですが、相当苦戦しました。半年以上応募を続けて、ようやく受け入れてくれたのが大阪にある零細のIT請負の会社でした。 請負先との打ち合わせもして、あとは雇用契約をして入場するだけとい…

ホールディングスとプロジェクト単位の仕事について

中規模工場の社内SEとして大きな仕事をした後は、住まいからバスで20分程度にある、某自動車販売店のホールディングス(持ち株会社)で社内SEとして働きました。 雇用形態は半年ごとの契約社員。採用面接の段階から、半年単位に大きなプロジェクトがある…

社内SEと大好きな会社について

緊急雇用対策事業の団体から紹介を受けて、某県にある中規模工場で働き始めました。 仕事の内容は工場内SEとでも呼ぶべき社内SEであり、所属部門が総務だったので、それはそれは幅広い仕事をしました。 勤め先は「知る人ぞ知る世界的に有名な会社」でし…

職業訓練団体と責任者の言葉について

芸大で5カ月ほど働き退職した後、途方に暮れました。雇用保険は全て受け取ったし、職業訓練校にも入れない。相変わらず求人は増えない。どうしたものか。 そんな時、ふと立ち寄った図書館に緊急雇用対策の団体が置いたパンフレットを見つけました。内容を見…

大学で働くことと「仙人みたいな教授」について

リーマンショックの影響で勤め先が潰れ、生まれて初めて雇用保険を受け取りハローワークの職業訓練校に所属しました。 職業訓練校に在籍しても求人そのものが全く増え無いため、結局最後まで在籍したのですが、土壇場になって請負の会社から内定が出ました。…

倒産した派遣会社とリーマンショックについて

試用期間中に職を失い慌てて登録したのが正社員として雇用されて派遣社員として客先常駐する、いわゆる特定労働者派遣の会社でした。 「溺れる者は藁をもつかむ」と言いますが、まさに溺れかかっていた時に拾ってもらったのです。 ただ、実情は悲惨でした。 …

ポータルサイトのコンテンツ作成と本物のプロについて

前職のITアウトソーサーを辞め、そのまま東京に残り次の仕事を探しました。そこで滑り込むように入社したのが、風俗業向けポータルサイトのコンテンツ作成の仕事でした。 ここでいうコンテンツ作成とは、風俗店に取材をしてインタビューと撮影をしてポータ…

派遣型労働と業務待機の限界について

私は自身の経験から「いわゆる派遣労働は日雇い派遣以外は無くした方が良い」と思っています。 日雇い派遣は前日になっても労働者の絶対数が確保できない場合の最後の調整としてやむを得ず残るであろうとは思います。良し悪しと言うよりも仕方がないという意…

大手企業と「会社の実力は課長の実力」について

飲食業界の次は、まさに日本中に名前が知られた大手企業で働きました。業種を書くなら総合家電メーカーです。 請負という立場だったことを差し引いても、いわゆる大手企業がいかに多くの従業員がいて、多くの部署があって、多くの指示命令がやりとりされてい…

外資系企業と仕事が好きな人たちについて

社内ヘルプデスク要員として最初に働いたのは外資系の製薬企業でした。 仕事の内容としては社屋の移転に伴う旧社屋からのIT機器の送り出しと新社屋への受け入れです。 もともと外資系企業は厳しい利益目標が求められることで有名ですが、私の配属先企業は…

飲食業界と「口コミだけで勝負がしたい。」について

新卒で働いた会社で食品業界向けのビデオ教材を営業した経緯で、飲食業界向けのポータルサイトの広告営業をしました。 上記では食品製造の工場を担当したのですが、同じ食品業界でも飲食店は最終提供者でもあり全く違う姿でした。 簡単に言うなら、食品メー…

出版業と黒船来航について

私が所属した業界・業種について書きます。 新卒で働いた会社は業種的には出版社でした。組織の内部から見た出版社の、特に営業部門からの視点なので良くも悪くも狭い世界であることを事前にご理解ください。 私が所属していた20年近く前でも、すでに出版市…

セミフリーランスと自分に合った社風について

創業100年の会社を3ヶ月で辞め、次の会社探しをしました。今の自分は何ができるのかという根本的な疑問を抱きながら、できるだけ幅広く様々な求人に応募しようと思いました。 そんな時に採用面接の場を設けてくれたのが、今の勤め先です。半年間の試用期間中…

老舗企業と契約通りの仕事について

社長からの即日解雇通達を受け、次の仕事を探しました。この頃から、転職サイトだけで5つ以上登録して採用面接は2桁受けています。ちょっとやそっとじゃ次の仕事が決まらないのです。そんな時、某老舗企業からスカウトの連絡を頂きました。 会社を調べると…

即日解雇と手足を縛られたような日々について

7次請負の案件をつかんだ零細の請負会社を辞めて次に入社したのが、いわゆるデータエントリーの会社でした。 求人票に記載されていた仕事の内容は、お客様からお預かりした紙ベースのデータをデジタルデータに変換するだけでなく積極的に分析することで、単…

7次請負と身の危険について

某ホールディングスでの2つのプロジェクトを終えて、次の仕事を探したのですが、相当苦戦しました。半年以上求人応募を続けて、ようやく受け入れてくれたのが大阪にある零細のIT請負の会社でした。 請負先との打ち合わせもして、あとは雇用契約をして入場…

ホールディングスとプロジェクト単位の仕事について

中規模工場の社内SEとして大きな仕事をした後は、現在の住まいからバスで20分程度にある、某自動車販売店のホールディングス(持ち株会社)で社内SEとして働きました。 雇用形態は半年ごとの契約社員。採用面接の段階から半年単位に大きなプロジェクトが…

社内SEと今でも大好きな会社について

緊急雇用対策事業の団体から紹介を受けて、某県にある中規模工場で働き始めました。 仕事の内容は工場内SEと呼ぶべき社内SEであり、所属部門が総務だったので、それはそれは幅広い仕事をしました。 勤め先は「知る人ぞ知る世界的に有名な会社」でした。…

職業訓練団体と「もはや貴方は半分、向こうの会社の人だね。」について

芸大で5カ月ほど働き退職した後、途方に暮れました。雇用保険は全て受け取ったし、職業訓練校にも入れない。リーマンショックの影響で求人は全く増えない。どうしたものか。 そんな時、ふと立ち寄った図書館に緊急雇用対策の団体が置いたパンフレットを見つ…

大学で働くことと「仙人みたいな教授」について

リーマンショックの影響で勤め先が潰れ、生まれて初めて雇用保険を受け取りハローワークの職業訓練校に所属しました。 もともと10年近く雇用保険を受け取らず貯めてきたし、前職は倒産による会社都合の解雇です。ほぼ1年間雇用保険を受け取り、さらに職業訓…

倒産した派遣会社と、最後まで一緒に戦った技術者の言葉について

試用期間中に職を失い、慌てて登録したのが正社員として雇用されて派遣社員として客先常駐する、いわゆる特定労働者派遣の会社でした。 採用面接の担当者が技術ではなく人事の担当者で、「ご案内したい仕事があるので、ぜひ来てほしい。」と。「溺れる者は藁…

風俗店ポータルサイトのコンテンツ作成と本物のプロについて

前職のITアウトソーサーを辞め、そのまま東京に残り次の仕事を探しました。 そこで滑り込むように入社したのが、風俗店向けポータルサイトのコンテンツ作成の仕事でした。ここでいうコンテンツ作成とは、お店に取材をしてインタビューと撮影をしてポータル…

客先常駐型ヘルプデスクと立場の限界について

前職のインターネット広告の営業は約4カ月で終わりました。 次の所属先は、東証に上場しているITアウトソーサーの会社でした。たしか、転職サイトからスカウトの連絡を頂いて、2度の面接で入社を決めました。 この仕事で、初めて客先常駐型や請負の働き方を…

インターネット広告と伝説の営業員について

前回の法人営業の経験と、退職してまで挑戦したことを踏まえて、おそらく世界でも最大級の飲食店向けインターネット広告の会社に中途入社しました。4月1日入社で40名近くが一斉採用されたはずです。 そこで見たのは、伝説の営業員たちの数々の武勇伝でした。…

人材教育向け法人営業と「顧客の創造」について

約2年間のプログラマー件オペレータを終えて、同じ会社の法人営業部に異動しました。 会社の意向としては「eラーニング事業を立ち上げるので、コンピュータに明るい若手がほしい。」とのことでした。ただ実務では、時代遅れ感があるビデオ教材の販売でしたか…

メインフレーム業務と縁の下の力持ちについて

新入社員研修が終わって、本配属になったのは情報システム部門でした。本社から1時間以上離れた、学研都市にあるセンターでした。 そこで某企業の中規模メインフレームのオペレーターとプログラマーを担当しました。私のITの仕事観の半分くらいは、この期間…

新入社員研修と甘酸っぱくてほろ苦い思い出について

2年制の専門学校を卒業して、最初に勤めた会社が京都市内にある出版社兼人材教育系の会社でした。 2週間のグループ研修が終わった後、いわゆる営業研修として書店営業を2か月ほど経験しました。私の教育を引き受けていただいたのが、たしか30代半ばの女性の…